水の町プロムナード

ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2023
SPECIAL LIVE “Choro Club”

2023.12.16㊏

19:30開演(開場は30分前から)

Artist:Choro Club

会場:象の鼻テラス
料金:前売券4,000円/当日券4,500円(税込、全席自由)
企画・制作:象の鼻テラス・NRT(maritmo株式会社)

ブラジルの伝統的な都市型インストゥルメンタル・ミュージック「ショーロ」にインスパイアされながらも全く独自のサウンドを創造する、日本随一のアコースティックブラジル音楽ユニット”Choro Club”。
本年9月に12作目となるニューアルバム『Caleidoscópio』 を発売したばかりの彼らが、FUTURESCAPE PROJECTのスペシャルライブに登場!

Choro Club

笹子重治(アコースティック・ギター)秋岡欧(バンドリン)沢田穣治(コントラバス)の3人によって89年に結成された弦楽ユニット。ブラジルの伝統的な都市型インストゥルメンタル・ミュージック「ショーロ」にインスパイアされながらも、全く独自のサウンドを創造する。
90年にファンハウスレコードと契約、94年までに5枚のCDをレコーディングしたのを皮切りに、現在までにソニーレコード、キングレコード、オーマガトキ、ビクター、ソングXジャズなどから、計26枚のCDを発表している。その活動のフィールドは、通常のコンサートホールやライブハウスだけでなく、美術館やギャラリー、神社仏閣、ジャズフェス、ストリートに至るまで幅広い。
海外においても、92年リオデジャネイロのイパネマ海岸で3000人を超える観衆を集めたコンサートを行った他、95年には国際交流基金の主催事業として中南米6ヶ国をツアー、01年3月にはブラジル北東部のフォルタレーザでもコンサートを行った。また03年8月には、サンパウロにて平良とみとの共演による「劇場版ニライカナイ」を上演。
ラジオでは、J-WAVEの人気番組「サウージ !サウダージ」のテーマを長く担当。2021年には、「ARIA」シリーズ最新作のサントラも発売。 2011年に7人の歌手をゲストに武満徹のポピュラーソングばかりを集めた『武満徹ソングブック』を、また2020年には新録を加えた「武満徹ソングブック・コンプリート」を発表。それにちなんだコンサートシリーズを全国で展開。また2023年には久々のオリジナル作品集「caleidoscópio」を発表。

関連リンク(別ウィンドウで開きます)